Top >  クレジットカードの注意点 >  多重債務者になる原因

多重債務者になる原因

なぜ多くの方が、いくつもの金融業者から借金をして、「多重債務者」となってしまうのでしょうか?多くの多重債務者は、初めの頃はテレビCMなどで名前が知られているから安心だろう、という理由で大手の消費者金融からお金を借りていきます。


そして、4~5件利用して借り入れ金額がどんどん増えていき、そのうちに、大手では借りられなくなってしまいます。そうしてあまり知られていないマイナーな消費者金融で借りることになります。しかし、金額がどんどん増えてくると、どこでも借りられなくなります。そうなると、ヤミ金を利用するか自己破産するということになります。


多重債務者となってしまう方の多くは、借り方をどこで間違ってしまったのでしょうか。
収入よりも支出の方が多く、借金を繰り返してしまうような生活が最も悪いのですが、有名な大手金融業者から借りていったことが、間違いだとも考えられます。


なぜなら、最初に消費者金融で借り入れをすると、銀行やカード会社などで借金をするのが難しくなってしまうからです。銀行や労働金庫(労金)で審査が通っていた人でも、消費者金融で借りてからは、審査が通らなくなってしまうことがよくあります。

金融業界では、『金利』が商品価格を意味します。それにもかかわらず、多くの人が、金利について無関心だと思います。消費者金融の金利というものは、高いのが当たり前だからと考えているのでしょう。

そして、大手の消費者金融を選択したのはのは、名前が知られているから安心、という単純な考えだけだと思います。金利を他社と比較せずに、名前だけを優先して、大手の消費者金融で借りるのでしょう。

しかし、『大手だから安心だ』という考えは間違っています。返済できないのであれば、必ず取り立てされます。名前だけで選ぶのではなく、『金利』という商品価格を十分に確認するようにしましょう。

岡田法律事務所

クレジットカードの注意点

関連エントリー

ブラックリストとは 多重債務者になる原因 間違ったキャッシングの使い方 カードローンの多重債務にならないために


スポンサードリンク
ランキング
  • SEOブログパーツ