Top >  クレジットカードの注意点 >  間違ったキャッシングの使い方

間違ったキャッシングの使い方

「今月はお金がちょっと足りないから、キャッシングすれば良いか」

と、キャッシングによって毎月ピンチをしのいでいる人がいます。

そのような人は、お金が足りなくなった原因はなんだったのか、忘れてしまっている人がとても多いようです。

ほとんどの場合、多重債務の始まりが、このような借り入れに対する安易な考え方からのようです。

誰でも始めは、自分が多重債務者になるとは全く思ってはいないでしょう。

ちょっとだけだから、と何度も借り入れを繰り返し、『自転車操業』状態の人は、非常に多いのが現状です。

分割で購入した買い物が、思っていた以上に返済額が大きくて、給料だけでは返せなくなってしまったから、クレジットカードのキャッシングで借り入れて返済する、という流れが当たり前のようになってしまいます。

次には絶対完済できる、次はきっと・・・と。

次回でも返済することができないから、キャッシングで借りて返済し、また返済できずにキャッシングしてしまう、という繰り返しになります。

そして、借り先を1~2社、そして3社、4社と増やし、気づいたときには多重債務となっているのです。

特に、注意が必要な人は、キャッシングの厳しい返済を「便利」だと感じているような人です。

はじめてキャッシングしたときはとても緊張したり、罪悪感があったはずですが、その感情もだんだん薄れて、お金を借りるということに慣れてしまいます。

クレジットカードはお金を後払いで借りられるカードであるのに、銀行のキャッシュカードと同じような感覚で使ってしまうのです。

つまり、借り入れは【出金】で、返済は【入金する】といった感覚になってしまうのです。
ここまでくれば、借りるという感覚が、完全に麻痺してしまっています。
まだ、○○万円借りれる残高があるので安心という気持ちになります。貯金のような感覚になってしまいます。

借り癖がついてしまうのでキャッシングを使うのはできる限り避けてください。

岡田法律事務所

クレジットカードの注意点

関連エントリー

ブラックリストとは 多重債務者になる原因 間違ったキャッシングの使い方 カードローンの多重債務にならないために


スポンサードリンク
ランキング
  • SEOブログパーツ