Top >  クレジットカードの注意点 >  カードローンの多重債務にならないために

カードローンの多重債務にならないために

最近では、クレジットカードを使い過ぎることによる、多重債務や自己破産が急激に増えています。
クレジットカードはとても便利なものですが、使い方を誤ったり、乱用したりすると、非常に危険なものになってしまいます。
カードローンの多重債務にならないために、次のことに注意して、計画的に使ってください。

・クレジットカードは、3枚以上は作ってはいけません。

・よく会員規約を確認して、クレジットカードの契約に関する詳しい知識を身につけましょう。

・クレジットカードでのキャッシングはなるべくしないようにしましょう。

・なるべく現金で支払うようにして、クレジットカードでは買い物をしないようにしましょう。

・カードをしっかり管理し、紛失や盗難の際は、対応の仕方を確認しておきましょう。

・クレジットカードでのショッピングをした場合は、必ずその金額と支払日をチェックしてください。

・ショッピングローンの手数料やキャッシングの利息、また遅延損害金についても知っておきましょう。

・他人にカードを貸してはいけません。

・カードの返済ができないからといって、別のカードを新しく作ることはやめましょう。・カードに関してトラブルが起きたときのために、相談できる機関を調べておくと良いです。

クレジットカードを利用するということは、借金をするのと同じようなことだと言えます。しかし、借金をしているという感覚がないままで、利用することができてしまう点が、クレジットカードの注意すべきところです。
クレジットカードを利用する際は、自分自身が十分に検討し、本当にこの必要なものであるか考えた上で利用するようにしましょう。

岡田法律事務所

クレジットカードの注意点

関連エントリー

ブラックリストとは 多重債務者になる原因 間違ったキャッシングの使い方 カードローンの多重債務にならないために


スポンサードリンク
ランキング
  • SEOブログパーツ